品切れ中
渋扇・一尺 鉄紺地

鬼平犯科帳の長谷川平蔵でお馴染みの渋扇
Sibusen 【一尺】 サイズ・約30cm・18間

 
細部のディティールまでこだわり制作いたしました。

柿の渋を扇面に塗ってあり、独特の色合いから渋い格調高さとモダンを併せ持った扇子です。
渋扇は柿の渋を塗っただけの、模様もなにもない無地の扇子ですが、小さな扇面に全てのエッセンスが
凝縮されたまさに小さな宇宙です。
オールシーズンお使い頂ける店主お薦めの逸品です。


渋扇は和紙に柿の渋と竹というように、天然素材を活かしたシンプルな扇子ですが、それだけに高度な
技術が要求されます。
和紙の厚さや柿の渋の塗り加減、扇骨(竹の骨)などの素材を、高度な技術で
バランス良く仕上げます。
竹と和紙のバランスが良く、手に持ったときにピタッとくる収まり具合や質感は最高!
豪快さとしなやかさを合わせ持った究極の渋扇です。


柿渋の性質状、染め上がりました時点から色の濃度が徐々に上がります。
黒地と重ねて初めて紺であることが解るほど濃度が高く
少し青みがかった黒地です。

ご了承の上ご注文くださいませ。


濃い光沢のある地色のため光線の加減で色合いが違って見えます。






矯め皺についての説明

扇骨は焼煤竹です。竹を燻してから丹念に磨き上げます。
それにより竹本来のもつ渋い風合いと深い光沢がでます。


なだらかな曲線を描いた親骨(両端の太い竹)は、独特の雰囲気を持っています。
昔は1尺を多く作っていたのですが、1本の竹から綺麗な部分を1尺とる事が難しい事などがあり減少しています。(昔は1尺はものさしの変わりにも使えて、便利という事もあったそうです。)

持った感じは、かっちりした感じと適度な重みを、バランス良く合わせ持っています。
また、一尺と大きなサイズですが、なだらかな扇骨の形状からコンパクトにさえ感じます。


お客様の言葉


  「カートに入れる」をクリック後、数秒で商品明細と金額が自動計算の内容ページへ自動移動し
   見積の表示をします。
  ご安心ください! クリック後の時点で「お見積り」です。
  お見積り後に、送り先等入力いただくことで注文となります。
  カートシステムですので複数でも楽にご注文出来ます。
  変更、取消、中止などはカートの内容ページで出来ます。
渋扇・一尺 鉄紺地 税抜価格 \12,000 
ご注文の場合は下に購入数を入れ【カートに入れる】ボタンを押して下さい。   
Sibusen
渋扇・一尺 鉄紺地     


[渋扇一覧のページへ]


■扇子のページへ   ■いんでんのページへ   ■トップページへ