京扇子、渋扇・・・熟練の職人が作った渾身の一本

悠々と… 春夏秋冬、渋扇三昧

扇子・印傳コマキ・京扇子、焼煤竹渋扇(やきすすたけしぶせん)一覧

別サイト・本煤竹渋扇の専門店コマキはこちらへ  

日本古来の扇子の中でも、最上の京扇子、渋扇を目指して職人たちが伝統の技を磨き製作しています。
あまりにも沢山の行程と、手に入り難い材料に苦心しながらも、日夜研鑽しています。
繊細さと大胆さを合わせ持ったらコマキならではの渋扇を是非、お楽しみください。


弊店の京扇子、渋扇は全て日本製です。Made in Japan

【ご案内】


利便性をはかるため、別サイト【渋扇の専門店コマキ】に統一いたしました。

クリックしてご覧ください。



渋扇一尺

柿の渋を重ね塗りした扇面と、竹が燻されてできた本煤竹&焼煤竹の扇骨が 京扇子1200余年の歴史の重みを感じさせます。
コマキ製京扇子、渋扇の渋くて深い色艶をお確かめください。


材料:「扇骨焼煤竹 「扇面和紙 「かなめ」錫製
上記の材料を使い、京都の扇職人が最高の技で作り上げています。
全て手作りのため、在庫僅少です。


扇子袋
本場大島紬手織り紬龍村美術織物扇子袋をご用意いたしました。


 焼煤竹、渋扇
 
渋扇一尺・濃紫色地

sibusen  京扇子渋扇・1尺(約30cm)     扇骨(焼煤竹)18本   税抜き価格 \12,000
【渋扇・鉄紺色地】


品切れ中
【渋扇・濃紫地】


品切れ中
【渋扇・錆朱色地】


品切れ中
【渋扇・茶色地】


品切れ中
【渋扇・銀煤竹色地】

 
品切れ中
 【渋扇・鶯色地】


品切れ中
【渋扇・黒色地】


品切れ中
 
 
sibusen  京扇子渋扇・8寸3分(約25cm)     扇骨(焼煤竹)18本   税抜き価格 \6,500    
 【渋扇・銀煤竹色地】

 
品切れ中
 【渋扇・黒色地】

 
品切れ中
【渋扇・濃茶色地】

  
品切れ中
【渋扇・鶯色地】


 品切れ中 
 【渋扇・濃紫色地】

 
品切れ中

     

焼煤竹 渋扇・七寸五分(約22.5cm)   扇骨(焼煤竹)25本   税抜き価格 \5,500  
  25間(本)シリーズ  限定品・在庫限り
鉄紺色地 錆朱色地 生成り
品切れ中  品切れ中 品切れ中 

焼煤竹 渋扇・六寸五分(約19.5cm)   扇骨(焼煤竹)25本   税抜き価格 \5,500  
生成り
 

鬼平犯科帖の長谷川平蔵も愛用の渋扇

渋扇は柿の渋を塗っただけの、シンプル扇子ですが、小さな扇面に全てのエッセンスが凝縮されたまさに小さな宇宙です。
  
柿の渋や竹に和紙と言うように天然素材を使い、熟練の職人が手造りで生産しています。
日々、頑張って造っていますが、生産が追いつかず品切れ状態で皆様にはご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。
 

 
柿渋について

渋扇は幾つかの細かい作業からなる分業で出来ています。またその一番の特徴は天然素材の柿渋を使っていることです。
柿渋の主成分は高分子のタンニンで、まだ小さな青柿が原料です。
そして、しぶさのもと、タンニンの含有量が多いほどよい渋と言われています。
柿渋は、水桶、和紙、天井板、などに古くから耐水、補強、防虫を目的に塗られてきました。

渋を飲む!  

3年間熟成した柿の渋は独特の匂いがします。
仕事柄、柿の渋とはなじみがあるのですが、この柿の渋が体に(高血圧)良いということで飲まれるかたもいらっしゃいます。
私も十数年前、一度体験のためと 思い切って飲んだことがございます!...。(ーー;)

渋扇を制作しているから、なんでも知っておかねば?…と悲壮な決意で飲みましが、凄まじい渋さと、凄い匂い!…(;>_<;) ギャー
これだけの凄いくせのあるものだから、この独特の風合いがでるのかと、妙に納得いたしましたがそれにしても…強烈でした。


渋扇、柿渋の匂い!

コマキの渋扇
に使う柿の渋は精製により無臭の渋を使用しています。
したがいまして、柿渋特有の異臭はありませんので、ご安心くださいませ。

扇子の「ため」について

扇子の親骨(両端の一番太い竹)は少し内側に向けて反らして制作しています。「ため」と言います。
これは扇子を閉じやすくするためと、閉じたときに収まりの良いようにしています。
(主に親骨の横あたりの細い竹は親骨の反りに合わせて少し曲がります。)

渋扇の無地・七寸五分〜一尺・18間はサイズが大きくなるほど和紙も分厚くなり親骨も強度が強くなります。
かちっと閉じるために「ため」があるのですが、親骨を内側にそらしているため真っ直ぐになろうとする竹や和紙と内側に反らしてある竹の力がぶつかって閉じる前(最後のところ)や、開けるときも親骨の「ため」により力が加わります

扇子によっては、“ため”が無い(反らしていない)場合もございますし、親骨が弱い竹ですと中骨(細い竹)や和紙に負けて真っ直ぐになりますので抵抗が少なくなるのですが、扇子の先端が閉じなくなります。

扇子は一見すると単純な構造ですが、全体の調整は非常に微妙で、奥の深いところがございます。
そして、このあたりが渋扇、無地の一番の特徴かと思います。


扇子のため皺(えくぼ)について

扇子は親骨を内側に反らしているために、紙の部分に(親骨から2,3本目)に、ためじわ(少し凹んだところ)が出来ます。(えくぼ!とも言います)

真っ直ぐになろうとする和紙と内側に反らしてある竹の力がぶつかって「ためじわ」がでます。

これは、竹の本数や、和紙の分厚さサイズなどで「ためじわ」の出方も随分違います。

親骨が細く薄い(弱い竹)ですと和紙に負けて真っ直ぐになるので、「ためじわ」や「えくぼ」は出ませんが、今度は閉じた感じが悪くなります。

このあたりが大変微妙なところですが和紙・竹・渋・絹という天然素材で作った扇子ならではの特徴です。

 コマキをご利用頂きましたお客様から頂戴しましたメッセージを、掲載させて頂いております。
           お言葉をかけて頂きました皆様、本当にありがとうございます。
皆様から頂きましたご意見を励みにして、これからもより良い品をお届け出来ますよう頑張ります。

2017/8/21

埼玉県のS・A 様焼煤竹、渋扇・一尺 鉄紺色地:焼煤竹、渋扇・一尺 濃紫色:親骨に漆加工

小牧様

この度はお世話になりました、埼玉の青柳です。

無事昨夜に到着し確認いたしました。

思った通りの商品で大変満足したと共に、昨日まで使用していた物とは全くの別物です。

早速今日にでも北海道の友人に送ります、彼も鼻高々で仰ぐ事でしょう。

誠にありがとうございました!



2017/7/7

富山市の天野 様【焼煤竹渋扇一尺・黒地:親骨に漆加工

昨日届きました。

本当にありがとうございます。

夢のようです。

先ず扇子を出してみました。柿の渋を使用した和紙は重厚感があり和紙とは思えない硬さで多少の事で破れるような感じには

到底思えません。

渋を和紙に重ねて塗る。とてもシンプルですが、手間暇かけていると感じました。

次に親骨の名前を見ました。フルネームで黒漆。そっとなぞってみたら、凹凸があって小さい文字なのに丁寧で、何だか特注した

扇子の様に思えドキドキしました。

焼煤竹の色合いも落ち着いていてとても素敵です。私は茶色を選びましたが私的にはこれが最高の色の組み合わせだなぁと

思いました。

また、購入された方のメールの中に一尺なのにコンパクトに感じると書いてあったのを思い出し、本当にそうだなぁと思いました。

まだ昨日から使い始めたばかりで私の手が少し小さいのか扇子を広げた時の持ち方が悪いのかまだ手に馴染みませんが、

そのうちサラッと広げて仰げる様になるのだと思います。

大島紬の扇子入れも最高です。

扇子袋は縫製が難しいと思うのです。それなのに、こんな丁寧な縫製には驚きました。

また、松栄堂の匂い袋までプレゼントして頂きありがとうございました。

私にとっては世界でたった一つの扇子です。

大切に大切に使わせて頂きたいと思います。

本当にありがとうございました。

取り急ぎお礼まで。


佐賀県の 小野 様【焼煤竹渋扇一尺・鉄紺地

渋扇1尺を注文しました小野です。

昨日届きました。

1尺物をずっと探していましたのでとても気に入りました。

長く大事に使わせていただきます。

ありがとうございました。



倉吉市の吉田 様【焼煤竹渋扇・一尺 茶色地:本場大島紬、亀甲絣・扇子袋親骨に黒漆加工

コマキ様

一昨日、一年間、待ちに待った渋扇・一尺が届きました。

香しい匂い袋がさりげなく忍ばせてあり、邂逅の喜びに浸っております。

心より感謝申し上げます。

扇子の重量感や茶色地の質感は、なんとも風情を感じずにはいられません。

ゆったりと扇げば、心地よさが心に染み入り、とてもぜいたくな味わいです。

あたかも殿様になったような気分です。

このお宝を大切に遣い込んでいきたいです。

取り急ぎ、お礼まで。



千葉市の 橋 様 【焼煤竹渋扇・一尺 錆朱色地:親骨に黒漆加工:本場大島紬・屋久杉染 扇子袋】 

一尺の扇子と扇子袋を注文した高橋です。

扇子と扇子袋が確かに届きましたこと連絡します。

有り難う御座いました。

長年、待ち続けたかいが有りました。

一つ上の大人の仲間入りが出来た気がします。


 扇子のページへ  ●印傳のページへ   トップページへ