合切袋(がっさいぶくろ)、名入れ特注品



2018/8/8

愛知県の 海老田 様

こんにちわ!

確かに受け取りました。

お客様も大変喜んでいただきました。

ただ、今まで愛着と、なじんできました、物をどうしたらよいか悩んでました。(笑)

本当にありがとうございました。



2018/7/27

横須賀市の八田様

お世話になります。

本日 品物が届き確かに受け取りました。

注文して良かったです。想像以上の仕上りの良さに大変満足しており使用するのが楽しみ

です。

ありがとうございました


   




黒地に黒漆の亀甲をバックに白漆で製作


漆の色について・・・漆は他の科学染料などと違い、漆の木から取れる樹液を使っています。
そして、乾燥した後も呼吸を続けて生きています。
白漆の場合は完成直後は黄色が強いベージュ色ですが、時がたつにつれて、ゆっくりと透明感が増し白くなってまいります。
朱色なども同じで出来た当初は黒味が勝った朱色ですが、空気と光りにふれて、朱色が明るく綺麗になりツヤも深みがでます。
科学染料などでしたら、最初が綺麗で古くなりますと、だんだんと色がくすんでまいりますが、漆は反対です。
このあたりが、日本古来の漆と言う素材の深みであり凄みだと思います。



黒地に黒漆の瓢箪をバックに製作


  名前の色は白漆・少し黄色がかっていますが徐々に白くなります。
文字の大きさは幅・約2cm・縦は3文字で6cm周囲は約5mmの余白をつくる。
位置は正面向かって右下です。
書体は江戸文字。(千社札のような感じです)
加工期間は6ヶ月。

お客様の言葉



 




紺地に黒漆の青海波をバックに製作



  東京都青梅市の濱中様から、お言葉を頂戴しました。
  合切袋受け取りました。 感動しました。
家族と仲間と一緒に開けて見ました、一斉に”うぉ〜”と言う声が上がり、
気が付いたらガッツポーズしてました。
見れば見るほど、完璧で皆さんの苦労が伝わって来ます。
印鑑の所も完璧で熟練の技を見せて頂きました。
裏の札の結び目と紐は本当に”すごい”の一言です。
この合切袋は後世に伝えて行こうと思います。
小牧さんはじめ皆様に”感謝の気持ちでいっぱいです”
本当に有難うございました。


  墨江町囃子連 様のホームページです。


特注品名入れの場合は、下記についてお知らせください。


納期は約6ヶ月
価格は下記をお知らせいただきましたら、見積もりをさせていただきます。
お支払いは銀行振込&郵便振替の先払いになります。

合才袋のページ

ベースになる合才袋の型番と色柄をご指定ください。
ご希望の文字

文字の書体(見本は江戸文字)
文字の寸法
文字の位置
文字の色
解りにくい点やご意見ご要望などございましたら、申しつけ下さいませ。

印傳・特注品・合才袋名入れ問い合わせ





■トップページへ  ■印傳のページへ