名刺入



トンボの柄


開けた所です。

脇にマチ付

ポケット3


日本古来の技法、ふすべで染め上げた この“色”

吟味されつくした最高の鹿革の この
“手触り”

古代の染色が、現代に
“輝く” 「いんでん」の燻べ(ふすべ)


   

ふすべ」は、いまでは「くすべ革」ともよばれ合切袋、巾着、ガマ口、バックなどに活かされ、多くの人々を魅了しています。

独特の美しさをもつ「ふすべ」の魅力は、長年にわたり使い込むほど増してくる風合いと、その暖かみのある自然な

色合いです。

そしていつまでもほのかに残るふすべた香りも人々を惹きつけているようです。

残念ながら、この色や風合いを写真で表現しきれませんが深みのある、色合いは、他に類を見ません。

それにしても、ふすべ加工は不思議なものです。

煙で鹿革に染めるという技法からくる独特の色と風合いに、出来上がったときはかなり煙の匂いがします。

なぜか懐かしさを覚えるような匂いと、やさしい風合いには感動さえ覚えます。

ふすべ製品全般に言えることですが、鹿革は印伝製品の中でも最高級のものを使用しています。

鹿革の肉厚も大きく、丹念になめした手触りは最高です!


ふすべ製品についてのご注意

ふすべ加工はその独特の染色方法から出来上がりましたときは、かなり強い独特の匂いがいたします。

*わらなどの煙の匂いで…私は好きな香りです。

この匂いは時間とともに薄くなって行きますのでご了承くださいませ。

藁やにかわなどの混ざった匂いですが、ふすべのフアンのお客様はこの匂いが無いと印傳ではないと言われるほどです。

従来の印傳からくらべて「汚れやすい」などの繊細なところがございますのでお取り扱いにはご注意いただきます

ようお願い申しあげます。

いずれにしましても千年の伝統からくるあまりある魅力がございます。



お客様の言葉

  
  ●
ふすべ製品全般に言えることですが、鹿革は印伝製品の中でも最高級のものを使用しています。
  漆加工が無い分、鹿革の肉厚も大きく、丹念になめした手触りは最高です!
  ふすべは別注品のため制作期間が現在約6ヶ月ほどかかります。
  
ふすべ製品についてのご注意。
  上記のような特殊な染加工をしていますので、全ての製品が写真通りではございません、一品、一品違ってまいります。
   出来た当初は特に「におい」が強くいたします。
   これは時間と共ににおいが薄くなってまいりますのでご了承ください。
   従来の印傳からくらべて「汚れやすい」などの繊細なところがございますのでお取り扱いにはご注意いただきますようお願い申しあげます。

ふすべの柄
 
A:交差縞の柄 B:三本縞の柄  C:トンボの柄
 
D:御所車の柄 E:正平柄・漆加工がしてあります。  G:古代菖蒲の柄(白黒図案)
F:小桜の柄(白黒図案)  
 
ふすべは制作期間が約6ヶ月ほどかかります。
   ふすべの製品は製作期間が約6ヶ月と長い日時が掛かりますので、お客様にお待ちいただかなくてはなりません。

   あらかじめ制作してお届けすることも考えましたが、ふすべの原始的ともいえる特殊な染めが出来上がったときの風合い、香りを感じていただくことが

   とても大切なことだと考え、あえてお待ちいただくことにいたしました。

   長い日時がかかりますが、楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。




ご利用方法  
お支払い方法は銀行振込・郵便振替の先払いにのみなります。
ご注文の場合は下に購入数を入れ【カートに入れる】ボタンを押して下さい。
カート内で税込価格を表示致します。

商品番号 No.7137 名刺入 (寸法:タテ7×11p
税抜価格 \17,000
      






[ふすべ]