千年の歴史を持つ京扇子と十三代続く印傳屋の甲州印傳のインターネットショップとして19年がたちました。




始めまして、小牧です。

このイラストは友人のSimaが、私の為にと書いてくれました。

この絵を見た知人は、「よく似てるな〜」と言われます(笑)。。。(~_~;)

身長181cm A型 商い一筋数十年!こだわりの逸品を販売します。




当店は、三代にわたって京都、室町通りで呉服商を営んでまいりましたが、その中で扇子と印傳に巡り会い、

すっかりその魅力に惹かれ私の天職になりました。

長い間 培ってきた経験をより充実し、そして目指す商いをオンラインショップの中で再現したいと16年前に

開店いたしました。

現在は、京都府城陽市でオンラインショップの専門店として商いをしていますので実店舗はありません。

精魂こめて物作りに励み、それを広く皆様に見ていただき ご意見をいただけるデジタルならではの世界は、

私共 職仕事をするものにとって本当にピッタリです。

そして、扇子の絵柄を見ているときや印傳のバックを見ている時にふと商いから離れて楽しんでいるときが

あります。

自分の好きなもので商いが出来ることはありがたいことですしお客様から嬉しいお便りを頂戴出来たときは

本当に商い冥利に尽きます。

時代を反映しながらも頑固なまでに自己を主張するこだわりの扇子や印傳をこれからもご覧頂きたいと思います。


オンラインショップを開店して18年がたちました。

オンラインショップを開店いたしました当時は、まだまだネットショップ自体の認知度が低い時代でした。

扇子も印傳も、ネットで販売しているお店は弊店一軒のみ!!でした。

そのことを思いますと本当に隔世の感がありますが、今日まで自分の好きな商いを続けることができたのも

多くのお客様の支えがあったからと、身にしみて感じています。

少しでもお客様にお喜びいただける商品作りを目指して、職人共々励みますので、これからも末永く

ご贔屓を賜りますようお願い申し上げます。


 
店主の印伝徒然
京都へ
種田山頭火に合う



日経流通新聞にコマキが掲載されました。
「ABSワイドゆう」にコマキの扇子が紹介されました
オーラの泉で弊
店の飾り扇が使われました。

小学館の日本の歳時記43号に本煤竹渋扇が紹介されました。
京都新聞、元気です 人・店・企業に紹介されました。
  
 
世界が平和でありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように