印傳屋 上原勇七製 合切袋 一覧

■いんでん→GO!    ■トップページ→GO!




 
   No.3005 合切袋
  (タテ26.5×ヨコ19×マチ幅5cm)税抜価格\16,500
 
    No.3007合切袋
   (タテ29.5×ヨコ23×マチ幅4cm)税抜価格\21,000


  渋い地色の素晴らしさと、その軽さが一番の特長です。
しばらくお使い頂きますと、漆が手になじみしっとりとした【いんでん】特有の素敵な手触りになります。
軽い鹿革に漆を付けることで、軽く丈夫で、しなやかな感触は、人肌に最も近いといわれています。
残念ながら写真ではなかなか表現出来ませんが、他の革製品とは一味も二味も違う独特の雰囲気は、印傳の独壇場です。
鹿革に漆で模様を置いたすべて手造りの合切袋です。

  なにもかも。いっさい。のこらず・・の一切合切からきた言葉で、こまごました携帯品いっさいを入れるための口紐のある袋のことを言います。

使えば使うほど、「しなやか」な手ざわりになる印傳ならではの商品です。

大変多くのお客様に篤いご支持をいただいている「印傳屋」の合切袋 


黒地に黒漆の瓢簞

   
 黒地に白漆の波ウロコ  紺地に白漆の菖蒲 
  中にファスナー付き
   

  
底にマチ付き
  
  
  
見ればみるほど、持てば持つほど味が出ると言うのはいんでんの特徴ですが、 軽い鹿革の良さが十二分に引き出され
  驚くほど軽く、しなやかです。
  

  鹿革に漆で模様を置いたすべて手造りの合切袋です。


 
 お客様の声です。
     
 
No.3005 合切袋
(タテ26.5×ヨコ19×マチ幅5cm)税抜価格\16,500

No.3007合切袋
(タテ29.5×ヨコ23×マチ幅4cm)税抜価格\21,000
No.3005
No.3007
黒地に黒漆・白漆
No.3005
No.3007
紺地に黒漆・白漆
No.3005
No.3007
赤地に黒漆・白漆
No.3005
No.3007
黒地に赤漆
No.3005
No.3007
紫地に黒漆
No.8204 二度漆付けの小粋なひょうたんの庵の合切袋
No.7505 二度漆付けしたトンボ・なごみの合切袋

No.7112
千年の香り漂う…ふすべ合切袋

印傳屋の商品は鹿革にも漆にも作りにもこだわりを持ち、高品質な物作りを行っています。
そのため、納期はある程度の余裕をお持ちください。
印傳製品は全て手作りの為、品切れの場合がありますがご了承ください。
ご注文と同時に納期をメールでお返事します。
印傳製品は在庫が無い場合、新たに制作しますと約3~4ヶ月程お待ち頂きます。ご了承ください。
印傳は全製品、取り扱っています。